東北@プロジェクトについて

東北へ!震災マスクプロジェクトとして活動開始

  2011年3月11日の震災から一ヶ月後の4月、私たち東京労働安全衛生センターは、中皮腫・じん肺・アスベストセンター、立命館アスベスト研究プロジェクト、財団法人労働科学研究所、地震・石綿・マスク支援プロジェクトと共に被災地でのアスベスト含有建材の状況を把握し、気中のアスベスト繊維濃度を測定し、またこれらを評価することにより、今後の適切かつ合理的なアスベスト対策を検討し提言することを目的として東北での調査活動を 開始しました。

 

4/10        宮城県南三陸町で調査

4/23-25    宮城県仙台市、塩釜市、石巻市、気仙沼市などで調査

4/29-30    岩手県山田町、一関市、宮城県気仙沼市などで調査

5/3-4       岩手県大船渡市、釜石市、大槌町などで調査

5/8-9       岩手県大船渡市、陸前高田市、宮城県気仙沼市などで調査

5/14        石巻赤十字病院にてマスクフィットテスト研修会(第1回)開催

6/13-17    仙台市、名取市、女川市、石巻市などで調査

6/18        石巻赤十字病院にてマスクフィットテスト研修会 (第2回)開催

東日本大震災後の被災地におけるアスベストの状況調査報告書(第1報) 

                                                                                                    (2011/07/01)

8/5-7        「だいじょうぶ?
                被災地のアスベスト−マスクプロジェクトからの提言in 仙台」開催

              会場:仙台市市民活動サポートセンター4階研修室5、セミナーホール(8/7のみ)
                   宮城県仙台市青葉区一番町四丁目1-3 Tel 022-212-3010

           主催:中皮腫・じん肺・アスベストセンター

                  協力:特定非営利活動法人東京労働安全衛生センター

                        立命館アスベスト研究プロジェクト

                        (財)労働科学研究所

                         フィットテスト研究会

                         地震・石綿・マスク支援プロジェクト

                         アスベスト対策宮城センター

                         宮城アスベスト患者・家族の会  

              後援:日本産業衛生学会震災関連石綿・粉じん等対策委員会(仮称)

石巻アスベスト調査と取り組み

12/11-14 予備調査

    雲雀野、門脇、中央など視察

        開成団地、川口町などで被災された方を訪問し情報交換 

    石巻市災害廃棄物対策課、石巻赤十字病院、ピースボート訪問

    石巻保健所主催の石綿含有廃棄物の撤去作業に参加

1/22-24 第1回調査

    石巻市中央、立町、千石町、住吉町他でマッピングと気中濃度測定

    石巻市災害廃棄物対策課、石巻保健所、石巻労働基準監督署訪問

2/12-14 第1回調査の報告と協力要請

    石巻市災害廃棄物対策課、石巻保健所、石巻労働基準監督署、

    石巻赤十字病院、ピースボート、専修大学などを訪問

2/26-28 第2回調査

    石巻市川口町、魚町、大門町他でマッピングと気中濃度測定

    石巻市災害廃棄物対策課、石巻保健所、石巻労働基準監督署訪問

3/20 「アスベストから石巻を守ろう!」

    調査結果の報告とフィードバック

    防じんマスクの使用方法

    アスベスト含有建材の見分け方

 

東日本大震災後の被災地におけるアスベストの状況

石巻アスベスト・プロジェクト報告 (特定非営利活動法人東京労働安全衛生センター)

※この調査・活動は独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受け実施されました。

 

▲pagetop