活動について

安全衛生教育・研修 

職場の安全と健康を考えよう!

あなたの職場でも、安全と健康について考えてみませんか?

東京労働安全衛生センターにご相談ください。

学習会、講演会などへの講師派遣、学習会企画などを承ります。

 

《こんなテーマでいかがですか?》

●労災職業病のABC

●みんなで取り組む職場のリスクアセスメント

●職場のメンタルヘルス対策の取り組み方

●胆管がん問題で問われる有機溶剤対策

●介護や福祉職場で働く人の健康・安全対策

●予防が肝心−建設労働者のじん肺・アスベスト疾患

など…

 

上記以外の内容でも構いません。まずはご希望の学習内容、日程、主催団体名、参加人数規模、おおむねの所要時間などとともに、東京労働安全衛生センター事務局までお問い合わせください。TEL:03-3683-9765 

 

 

働くひとが主役の参加型安全衛生研修をコーディネイト

 

東京労働安全衛生センターは、労働者が作業の安全性、健康づくり、職場環境の快適性を評価し、具体的な改善を提案・実行する活動を応援しています。安全衛生活動は、専門家の判断や指示に任せるのではなく、現場の労働者が参加し、より安全、健康、快適で人間らしい職場を作り出す職場活動として行われることが目指されます。こうした立場から、難しく専門的だと考えられがちな安全衛生の課題を、安全健康のリスクを評価し、実行可能な低コスト改善を積み上げることで解決できる手法(労働者参加型安全衛生活動)を広く推奨しています。

 

【東京労働安全衛生学校】

 

年に1回開校する東京労働安全衛生学校では、実際の職場にご協力頂き、参加者のみなさんで、製造などの実際の現場を見学し、安全衛生の基礎ポイントをわかりやすく学びながら見学職場の環境をより快適にするための改善提案をみんなで検討する実践型トレーニング研修です。毎回、事業所の安全衛生委員や労働組合の安全衛生担当者の研修として受講していただき、安全衛生活動の活性化に役立 つと高い評価をえています。

 

【オーダーメイドの研修を承ります】

 

あなたの職場の条件に則した内容と時間で、オーダーメイドの企画を設定します。テーマは、安全衛生活動、腰痛、労働時間、メンタル−ストレス関連対策、アスベスト、じん肺、労災補償など。日程や時間、参加枠などをご呈示の上、ご相談ください。

 

お問い合わせは、03-3683-9765(センター事務局まで)

 

▲pagetop